FC2ブログ

Latest Entries

どうやって米軍新基地をつくるか

このタイトル、あくまで政府の姿勢ね。

名護市長選が移設反対派が勝利しました。そして、その結果にケチをつけるかのような官房長官の発言に意味が分からない人も多いのでは。鳩山首相は政権交代前に普天間の県外、国外移転に言及。総選挙では沖縄全小選挙区で辺野古移設反対派が当選。鳩山内閣としても「日米合意」のすぐの履行に抵抗。そして、名護市長選挙で辺野古移設反対派を推薦。だれもが民主党は辺野古に基地をつくらせないんだと思ってしまう構図だ。

なのになんであういう発言が官房長官からでるのか―。

そもそも当選した稲嶺さんは、移設反対を明確に掲げてませんでした。そこで、共産党系の団体から独自候補が出たわけです。鳩山内閣としても当初は県政野党の分裂選挙の見通しがあったのではないかと思うのです。おそらく岡田外相が誰だか忘れたけど就任直後、アメリカの要人と就任直後に名護市長選挙の見通しなど意見交換したという報道がありました。そこでの見通しとはそういうことだったのでしょう。民主党との折り合いがうまくいかずに急きょ独自候補を出した市長選挙もありましたから。

それが一転、普天間撤去を求める県民集会(自民、公明不参加)に二万を超える人が集い、県民世論の基地撤去の声が強くなると稲嶺さんも移設反対を明確にしました。そこで、共産党系の人たちも政策合意をし、あっさり独自候補をおろしたのです。もちろん、水面下での交渉はあったことでしょう。

しかしこの統一候補の出現は中央政界の民主党や鳩山内閣にとっては誤算だったのではないでしょうか。この名護市長選挙の結果を味方に付け、団結して頑張るというという姿勢が鳩山内閣には見られません。(言葉使いが古いですが)やはり、民主党も自民党ももう一回空中分解して作り直す必要があるという筋の人が出てきてもおかしくありません。

で、こういう状況下、どう米軍基地をつくるのか。基地建設という政府の強硬策に国民がどう団結してくれるかというところを探るしかありません。ポイントは海兵隊の駐留の必要性を説くことではないでしょうか。つまり、米中の緊張関係のもと、邦人救出や作戦遂行のために必要だと。

最近の米中関係は民主化活動家の問題、Google問題、台湾への武器輸出問題とここにきて取りざたされています。日米中の正三角関係どころの話ではないなと。海兵隊が邦人救出をするかは疑問ですが、それが海兵隊の仕事だと言い張ればこの情勢をあおれば海兵隊の必要性の認識の共有化は図られるかもしれません。

また、海兵隊は海兵遠征隊であり、殴り込み部隊だという主張がもし広まるようなことがあれば―。ハイチの大地震のニュースで米海兵隊のキャンプ基地設置のニュースがありました。わざわざなんで米海兵隊の活動紹介?なんかいやらしさを感じていしまいました。海兵隊は災害救援にも役立つ。まるで、アジアの大災害にも海兵隊は必要であり、その駐留を提供することはアジアに責任をもつ日本の国際貢献とでもいうのでしょうか。9条のもと自衛隊の支持を集めたように。

日本人がアメリカ軍の部隊の役割を論じるとことが国際関係のなかで、有益なのか有害なのか議論は大いにあるでしょう。しかし、事、日本領土内に置くのですから、その中身について考えることは避けて通れない道のような気がします。そしてその議論をどう正確に、どう共感を得ながら議論を進めていくか―。ここが米軍基地をつくらせる道でもあり、つくらせない道でもあるのではないのでしょうか。

スポンサーサイト



小沢捜査に思うこと

さて、検察の小沢の捜査はどういう決着をつけるのでしょうか。
政治資金規正法どまりで、小沢におとがめなし。で、小沢は幹事長職にとどまる。一連の小沢不信の世論は政治不信にかわり、平沼新党、みんなの党、舛添新党がポイントとなる政界再編を促すキッカケを与える。つまり、自民党の空中分解、民主党の離党を促すのが目的か。いったいにこの国の影の支配者はなんという恐ろしき考えかと、モウソウしてしまうのであるが、果たして。

で、ウラ献金があったとされるイザワダム。ここに小沢事務所の力をどう説明るけるか。東北地方、とくに岩手における公共事業の小沢事務所の力たるものをどう証明させるのか。そうであるなら国交省になぜ捜査が入らない!!

その疑問にこたえる報道を目にしてない。これはどういうことか。野党議員であったのだからその証明は困難という解説は聞いたことがあるが。しかし、これが解明されれば野党議員の国政関与という政治行動の解明にもあたり、政治学的にも重要分野ではないだろうか。とくに93年政変以降の政局の流動化の中でそのあたりがどのようになっていったのか。超現代政治史を解明できる問題である。ここにメスを入れるなら検察、マスコミ頑張れの気持ちになる。

しかし、ある種の小沢神話に基いた政治献金だということでかだつける(これが真実ということもある)としたら、小沢の知らぬところで行われていたという筋書きで納めるのが手っ取り早いのであろう。日頃、企業献金をワイロという共産党と赤旗には、土地購入の原資が問題だというのなら、小沢に献金するとどうして公共事業がはかどるのかという追及報道をしてほしいですね。

小沢報道に思うこと

小沢の疑惑報道について検察のリーク問題で報道の在り方なんかも議論にあがってますね。
ただそのリークをもって小沢の疑惑に免罪符を与えてしまうのはどうかとも思いますが、検察一辺倒、小沢一辺倒にならない論調を期待したいです。

先週末の小沢聴取で、「政権与党の幹事長が検察の事情聴取を受けるという異常な事態に発展」というような言葉をテレビからはよく聞きます。なんで政権与党の幹事長が検察の事情聴取を受けると異常な事態なのでしょうか。悪い事をした、その疑いを解明するためには検察の適正なる聴取が行われることは異常なことなのでしょうか。ビラを配ったら逮捕され、聴取され、起訴されることは異常だと思うのですが、人の立場のよって聴取されることが異常という判断をしてしまうマスコミ姿勢に異常を感じるのです。

政治家が検察の聴取を受けるということは政治スキャンダルで、政権与党の幹事長なる大物政治家の聴取なんてのは前代未聞だから異常だということでしょうか。大物政治家たるもの脇がかたいのが当たり前ということでしょうか。それとも政権与党の幹事長たるもの歴代クリーンだったと言いたいのでしょうか。

一番すっきりするのは、「政権与党の幹事長ならば検察の動きぐらい抑えられる」という、神話のような前提認識があるのではないでしょうか。だから異常だと。ならば、現局面をどう見るか。

政権交代したばかりで民主党が検察を掌握しきれてない。

または、

民主党もゴーサインを出した。

このどちらかなのではないでしょうか。
あ、もうひとつのことを忘れてました。

検察は正義にもとづいて動いている。

今、小沢を排除しておく意味

前回エントリーはこの小沢疑惑が最終的に「民主党をおとしめようとしているやつらの仕業」というオチがつき、引き続き無思考な民主党支持をうむことがあるかもしれないというオクソクを書いたわけだが、今回はそんなことにはならず、小沢を日本政治の中枢から排除することの意味を考えてみる。

小沢は自民党時代、単に金権腐敗の中で生きてきたわけではない。小選挙区制による政治権力強化と自衛隊海外派兵を軸にした大国化によって日本の国益を守ろうとしていたわけだ(政治改革の名のもとで隠された真実である)。これらは90年代政界再編の原動力となり、その結果が小泉構造改革だったのだ。そしてポスト小泉政治としてまずは政権交代を目標として、小沢は脱・構造改革をアピールして政権交代を実現したわけだ。これが小沢の転向なのか詐欺なのかといったら、詐欺なんだろう。しかし、詐欺だとしたら国民を欺いたことが明らかになり、本当に脱・構造改革を実行してくれる政治勢力を選びかねない。これは支配層が一番阻止したいところである。

しかし、小沢みずからも詐欺を認めることはないだろうから、そのときは政界再編のごちゃごちゃの中でこの先の政策の方向性を決定されるのであろう。だから、後期高齢者医療も先送り、派遣法改正の後退するのである。一方で国民の支持をつなぎとめるためにも子ども手当などのバラマキ政策は実行されていく。

そういうアリバイをもらった小沢は何をめざしていくのか。2010年代政界再編の原動力はまだ探し中なのだろう。小沢は旧来の自民党支持基盤を切り崩しただけでなく、民主党内の旧社会党勢力やリベラル派も支配下に入れた。また、民主党内小沢信者には90年代政界再編がうんだ新自由主義者たちも多数いる。一方で、小沢と距離を置くという議員の多くが新自由主義・新保守主義政治家である。

政権交代劇でその役割を終えたかと見られる新自由主義だが、新自由主義社会を軸とした政治経済の進展がこの小沢排除の欠かせない要素と支配層が見たのではないかということだ。つまり、その時々でうまく揺れ幅のある鳩山を総理に残し(上申書と元秘書在宅起訴で捜査終了)、小沢という政治的アクターを切るということだ。

前回エントリーとは違う方向だが、小沢失脚でいくとなれば、新自由主義の退場を思う自分としては何よりもいち早く民主党リベラル派が脱小沢の一番手に上がり、新自由主義復活の阻止をしてほしいのだ。その時、社民、共産もしくは国民新あたりがどうカバーできるかが、小沢排除による新自由主義復活を阻止する唯一の政治的手立てだ。

一方で小沢に頼ることで新自由主義復活を阻止出来るかはこの先の政界再編の心配を考えると不安定すぎる。いつまでも小沢に頼ってばっかではいられないことを直視し、2010年代の政治原動力を生みだす努力をしなければならないことが求められているのだろう。

東京地検特捜部の小沢捜査?操作?

昨年三月に続き、小沢周辺の捜査が行われた。
鳩山総理の偽装献金問題をかだつけたら一気にだ。

昨年は政権与党による国策捜査というにおいがプンプンしたものだったが、
自分たちが政権与党に就いても、捜査がおこなわれるという皮肉。
検察をあやつるのはどうやら国家権力をあやつっているやつらがいるかのように思える今日この頃だ。

よく形式犯で逮捕とは異常だとして、小沢の肩をもつ声が多い。また、小沢の肩を持つわけではないが、これまでの地検の行動を考えるとこの行動は説明がつかないから暴走だという声もある。

一方で、小沢は金にまみれた旧来の政治家なんだ。この金権腐敗を解明しろ、徹底追究するという立場の声もある。

検察の金権捜査は主に経世会系列が主で、清和会系列には踏む込まないという指摘もあったりして、時の政治権力だけで動いてないのであればいったい地検の後ろ盾は誰なんだと思う日々だ。どちらにしろ、解明してもらいたいことだ。

さて、今回の石川議員逮捕を受け、総選挙後の国会でも鳩山偽装献金を追及しなかった共産党が、追及宣言をした。もともと自民党政権時代は質問しても答えられない野党の問題は国会質問にふさわしくないというのがこれまでのスタンスだった。これで共産党が国会で質問していけばどうなることやら。

今回の問題、4億円というお金がクローズアップされ、水谷建設の裏献金疑惑は計1億円だという。小沢氏本人は自身の資産だという。まぁこのままいって政治献金の一部が違法だったとはいえ、野党の小沢がどう公共工事の決定に影響力を持っていたのかイメージを超えるものが明らかになるのか大いに疑問だ。時候は2ヵ月後に迫っているという。この2ヶ月間集中砲火をあび、結局解明できず=罪に問えず=問題なしで収まるのでは。そのとき堂々とした小沢幹事長が復活。ホレ見たことかと、追及したやつらを「民主党をおとしめるため、そしてその手先となった」と批判。こうなるのではと思えて仕方がない。

おそらく民主党をおとしめるものだという論法でしばらくはやるのだろう。これに一定程度の国民がそう思えば、それは次の参院選でも民主党にしっかり勝ってもらって政権基盤をつくってくれと、無思考な民主党支持が誕生するのではないかと思うのだが。ちょっくら国民をバカにしすぎか、これは。

まぁ共産党にはそういうところも気をつけて追及してほしいのである。

新中央委員会の特徴―後継幹部づくり その1

さぁ、睡眠前の最後のエントリー。

そうそう、今回の党大会では中央委員会候補が代議員からも推薦が出て、その方も役員選考委員会が審査した結果中央役員名簿に名を連ね、そして大会で信任を得たようですね。定数のない選挙って何なんだろう。そしてそれは誰なのか気になって仕方がない。

さて、今回の中央役員の特徴として若い世代―30代、40代―の抜擢人事を行ったことがあげられる。正直、ネット中継で聞いた名前を文字でおこしただけだから見当もつかない人物がちらほらいる。准中央委員も半分くらいしかまだわからん。それでもいろいろおもしろいことが見えてきたのでとりあえず思いついたことを。

その若い幹部育成に充てられた准中央委員。そこから三人が書記局員に抜擢された。まず坂井希さん。自分はこの世代じゃないけどその世代にとってはそれなりに有名だとか。確か民青中央初の女性委員長だったのかな。民青卒業後は赤旗の記者として署名記事見ますね。おそらく社会部なのかな。もう一人は田川豊さん。民青の元都委員長で、前回大会で都委員会の青年学生部長に就任。東京21区の候補者もやっていた。准中央委員の田川実というのはたぶん兄。赤旗記者でどっかの特派員のはず。もどって記者なのか国際局なのかはわからない。あと辻真一さんというのはおそらく前回大会では文化・学術委員会の事務局次長で、赤旗の文化学問欄の文壇評論みたいのでみたことがあるようなきがする。この三人は幹部育成というか抜擢。

共産党といえば東大というイメージがあるが、現在国会議員で東大卒は志位委員長、笠井衆院議員のみ。(ちなみに京大卒は3人、立命が2人)上記の田川、阿藤和之(おそらく墨田地区委員長、都議候補)、宮本徹(おそらく武蔵野三鷹地区委員長、元東京18区候補)と判明しただけで三人いる。地区委員長といえば大阪7区候補でもあった駒井正男さんもそうである。東京22区候補であり、都委員会勤務員の吉岡正史さん(元民青都委員長)の名前もあった。今度の参院候補では比例の田村さん、かわえさんに京都の成宮さん、兵庫の堀内さんなど順当な人たちから、北海道の畠山さん、青森の吉俣さん、三重の中野さんと後継幹部づくりにあたる人たちもいる。

この党大会でもはや全国区になりつつある大阪の清水ただしさんはこの幹部育成の枠には入らなかった。その清水さんを党に導き、衆院選で国政復帰した宮本岳志さんは中央委員となった。

まだまだ、中央委員にもわからない人物はいるのでまた後日その2を書くことにする。

新中央委員会の特徴―常任幹部会

常任幹部会は委員20名、准委員2名の構成である。
そもそも共産党の幹部選出方法は
大会で選出した中央委員の第1回総会で前大会期の常幹から三役が提起され、承認。
三役が会議して(笑)幹部会を選出。
幹部会は常任幹部会を選出。また、書記局員、中央機関紙編集委員を任命。
そして1中総は幹部会の提案で、訴願委員、規律委員、監査委員を任命。
それを大会は承認するのである。

前回大会で書記局員に任命された井上参院国対委員長は自身のHPに
相談なしのいきなりの人事だったと当時書いていた。
今回はどうだったのかいまのところ当事者はHP上、何も語ってない。

さて、政策委員長だとか国際局長の人事は今後の常任幹部会で決まるのである。
だから誰がどういう任務に就くかは不明であるが、
今回の常幹人事は基本的に前回大会期+αである。

なので若干のくだらない人事予想はできる。
書記局次長はもう決まった。前回書記局次長の太田善作さんは今回書記局員。
前々回書記局次長の大幡基夫さんが返り咲き。おそらく前々回同様選対局長兼務なのだろう。
で、この太田善作さんは前々回は選対局次長だったはず。で、前回は書記局次長職のみの任務だったので、今回は新たにどこかの職に就くのであろう。

さらには前々回京都府委員長、前回党建設委員会責任者、今回書記局次長となったのが中井作太郎さん。この方、書記局次長の筆頭で呼ばれていたので単独職かもしれない。
そうすると太田善作さんに党建設委員会責任者がまわってくるかもしれない。後は、機関紙活動局長の岩井鐵也さんもその候補である。

今回常幹に国会議員からは女性二人以外で新たに笠井亮さん、山下芳生さんがはいった。

山下さんは2000年の党大会で常幹に抜擢された人。発表したときは会場がどよめいたのだ。30代での常幹入りは史上最年少であったのであった。95年参院大阪選挙区で当選。98年には参院国対委員緒に抜擢。で、常幹まで抜擢されたのだが、01年参院選で落選。そのごリストラ反対本部長とか書記局員、03年の総選挙(東中さんの後継)に出馬、落選。
04年の前々回党大会では大阪府委員会に派遣という形で中央委員どまりだった。しゃべりに定評があったため、常幹抜擢といわれていた。同い年の小池晃さんが04年党大会でいきなり常幹・政策委員長抜擢は筆坂ショックからの賭けだけではなく、しゃべりに定評のある議員を入れたのだろう。

その山下さんが07年参院選で返り咲き、参院国対にも入らず、伏兵としてこの党大会をむかえたわけ。
前回大会で中央委員・書記局員に抜擢された井上参院国対委員長は今回は中央委員どまり。おそらく山下さんが次期書記局長になるんでしょう。てっきり、今回書記局次長になるかなとみていたのですが。

笠井さんは昨年秋に政策委員会副責任者となった。これまで、平和運動局次長、国際局次長と第二位人事である。学生時代から国際活動が主であるから緒方副委員長・国際局長の後釜に入れるポジュションの人物だと思ったのだがこの昨年の政策副委員長人事がどうでるかだ。

つまり、政策委員長の小池さんが東京選挙区から出るわけで、その活動に今年はいるため、政策委員長代理ないし政策委員長が笠井さんなのかなと。小池さんの売りは「テレビでおなじみ」である。和泉重行さんが政策副委員長と宣伝局長の兼務していることを考えると小池さんが宣伝局長、笠井さんが政策委員長、和泉さんが政策副委員長となるのではないかと思うのである。それは広報部長の植木俊雄さんが新たに幹部会員になっていることからみて、宣伝、広報部門を強化するという試みがあるのではと予想するものである。さぁどうなるか。

さっそく明日常幹が開かれれば月曜の赤旗に。月曜に常幹が開かれれば火曜の赤旗で明らかになることでしょう。

新中央委員会の特徴―なんなんだ!准常任幹部会委員って

今回中央委員も増えたので常任幹部会委員も増えました。
それに准常任幹部会委員ってのまで。
中央委員会に電話でもしてやろっかって思っていたけど
ググってみたら80年代にあったみたい。

で、今回のこの体制はどういう特徴をもっているのか。
そのメンバーから考えてみた。

まずは前回エントリーでも言及した女性ですよね。
衆参一人づづしか女性議員がいなくなったわけですがその二人が
常幹と准常幹に入っているわけです。
おそらく紙智子さんはいずれ副委員長の女性枠に入るのだろうけど、
さすがに中央委員→いきなりの副委員長はならなかったのだろう。
でも結構抜擢人事。

で、こちらも高橋千鶴子さんが准中央委員→准常幹の抜擢人事です。
もう一人の准常幹の寺沢亜志也さんって方は前回大会期は社会保障対策員会の責任者でした。
ちなみに高橋さんは衆院の厚生労働委員。
国会の厚生労働委員会の場というのはこれまでの野党共闘の前線であった。
今後も政権側との政策論争は国会が主であるからそこで修正協議等が行われるのだろう。
そこに立つ議員を日常的指導機関である常幹の中に直接入れ込んだというわけでないだろうか。

他党との協議をどこまで行うか考えると、国対とか常幹、代々木の各部局とのすりあわせが必要なのだろう。
そこに間に人(例えば穀田国対委員長)を入れるよりかは
自らがある程度の責任と権限をもってかけあえるほうがいいのだろう。
なにせ社民党の衆院の厚生労働委員で政審会長の阿部はすっかり連立与党の一員だ。
そいつらとかけあう人間が中央委員だけの肩書じゃ話にならんということも
予期してのことではないかと思うのである。

新中央委員会の特徴―女性幹部の抜擢?

今回の党大会で選出された中央役員の選出基準はこれまでと違う。

これまでは前回大会期の中央役員より数を抑えるというものであった。
しかし、今回は大幅に増加したのであった。
そもそも大会決議案が提案された10中総で思い切った女性の登用と
准中央委員を若手幹部育成にあてる趣旨の話があった。
しかしここまでも大きな190人以上の中央役員を構成するとは思わなかった。

なぜこうなったのか―。
浜野副委員長指摘の通り、党員の5割が女性でも中央委員会の女性の比率は13%。
今回は中央役員の母数も増やすも約二割にとどまったという。
その中身は都道府県会レベルで議員活動をしている女性を中央委員に抜擢したのであった。
人材の掘り出しというよりは追認というような感じである。
やり方として荒っぽい気がする。
それは都道府県委員会にはバランス良く中央役員をこれまで通り配置するのだが、
女性議員のいない県はもとより、女性議員の県でも中央委員となってないところもあり、
その目的がやはりよくわからない。

ただ単に、今回退任する中央役員に女性が多く、その代わりに新たに中央役員が女性とならなかったから
とりあえず女性地方議員を中央役員に充てただけのような気がしてならないのだが…。

だったらさ、規約に中央役員の女性比率を明記すればいいじゃん!
それにあわせて女性議員や女性幹部を利用すればいいじゃん!
そんなに女性が必要なら。

女性の中央役員を増やすことと、数いる地方議員の中から女性地方議員だけを中央役員にすることって
ちょっとちがうんじゃないの?と思ってしまう人事であった。

とりあえずは人事から

共産党大会へのマスコミの中心課題は人事なのだろう。
前回大会は上田副委員長の退任や不破哲三氏の議長職退任など“大物”の話題があった。
しかし今回は志位―市田体制の留任などが大会前から言われていた。(それ自体、悪いとは言わないが。)
そういう中で何か大きな人事異動はないかと野次馬根性で考えたのが、不破氏の去就であった。

前回大会で自らその議長職を降り、あれから4年がたち、
80歳に間もなくなろうお方が党の日常指導の一員にあられるはどうなのだろうと思っていた。
だからてっきり名誉役員にでも落ち着くのかなと思ったら、
昨日の不破氏の名前が中央委員候補にあるというのだから。

それから目の病気で参院選立候補を辞めること表明するも副委員長・国際局長に就いた緒方靖夫氏も
最近ではサングラスかけてのお出まし。その状況を見てご自身から身を引くのではと思っていたら、
77歳の浜野副委員長とともに再任。

衆院議員を勇退した石井副委員長のみが退任した。

年齢的には市田書記局長の副委員長横滑り人事もありかなと思っていた。
しかし、後任書記局長をまかせる人物を書記局に配置していなかった問題もあり、
おそらく見送ったのだろう。

三役人事についてはこれといったことがなかったのだが、
人数が増した中央委員・准中央委員のその構成がやはり面白かった。
朝からネット中継聞いててよかったものである。

そして常任幹部会の准委員の枠まで設けたその狙いは?
などなどいくつかのエントリーが書ける中身である。
ただ、聞き間違えがあるといけないので
中央委員紹介のムービーがアップしてから考察してみる。

Appendix

プロフィール

アカハタサカス

Author:アカハタサカス
ようこそ!アカハタサカスへ。日本共産党の動静を紹介したり、独自?の目線で考察してそれをお知らせし、日本の政治・社会について考えることを主な任務(笑)としています。
訪れた皆さんの声も聞きたいのですが、それに対応するまで手が回らないのも事実です。そこで時間的余裕ができるまではコメントは閉鎖しています。トラックバックは受け付けております。ご理解のほどよろしくお願いします。
詳しくは当ブログの基本姿勢を参照ください。

最新トラックバック

最新コメント

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード